読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマさん、始めます! ~不妊から養育里親へ向けて~

私、コマが不妊から養育里親へ向けての体験です。この日記が誰かの役にたちますように(´▽`)

妊活と仕事の両立について(`・ω・´)ゞ 乙であります!

おはようございます、、、

養育里親認定まであと1ヶ月、、、

認定部会が五月だから、六月かもしれない。

それまでの間に、お家のリフォーム、見積もり、業者契約、それに伴う断捨離を猛スピードでしている次第です。。

私の仕事は事務で、会社の売上関係をデータにまとめたり、管理したり、チェックする仕事と、他部門のヘルプをしていて、オールマイティだねっ!ってお墨付きを頂いている次第です、、今月、決算やねん、、、

 

なので、主な妊活中の心配、仕事との両立について回想してみようと思う(*`・ω・)ゞ

 

私は嘘つけない、、性分で、会社にはフルオープンで妊活に挑みました、笑。

会社の体制、自分の業務内容、人間関係、これらを総合判断して、告知することにしました。

 

会社は、2時半には帰って良かったり、遅刻早退も言えば、有給も使わなくてよくて、通院にはかなり融通できる環境。

仕事は、主に単独行動メインで、私がいない時に誰かが代わりに入らない仕事で、締切にデータがまとまれば基本OK、こちらも融通できる業務。

人間関係は、私が1番年下で、12歳以上みんなと離れているという環境。特に関わる人達とは、娘と同じ歳だったりする。女性は子育てから解放されたお母さん、またはおばあちゃんである環境。

 

そして、病院に治療、通院しやすいために告知しました。

主なデメリットは人間関係部門で、会社の女子はみんなお母さんなので、子作り論、子育て論がある方々。不妊治療についてはあまり知らない世代。なので、子どもが出来たら仕事はむつかしいやら、猫を飼ってるとダメだとか、まぁ、そんな感じのチクチクはあった、笑。でも、基本オールOKだったので、恵まれていたと感謝している。

 

あと、最後に妊娠判定が出なかった後かな、、告知の辛さは、、人間関係が本当に大切だと思う。誰にもひどい事は言われなかった。本当に結果出せなくて申し訳ない気持ちになったりしたけど、、。

 

本当に恵まれてたなぁと、しみじみ感じる。。

今のメンバーがいるうちに恩返しをしたい、その一心で今、仕事モリモリやっている次第です。

 

妊活、産休、育休、そんな子ども関係のお休みは法的にまとめられてきて、会社の体制も大きいけど、職場の方々との連携になってくるわけで、、、

養育里親資格が取れて、里子さんが来ることになったら、ファミサポや、病児保育、地域で助けてもらえることはできる限りやってみたいと思ってる。

 

期待も不安もいっぱいあるー(>_<)

でも、私、お母さんになりたいよ。。

 

あれ?赤ちゃん、できなくね?( ºωº )まず始めたこと

おはよ(`・ω・´)ゞ 

 

この休みの日の明け方が1番ブログ書くのに最適のようで、今日も回想してるる。。

 

あれー、、妊娠しないなー、、赤ちゃん、出来ないなー、、、妊活始めて、すぐに思ってた。

TVでも、不妊について、やっていて、知っていたから、本読んだり、インターネット調べたり、生理が遅れて婦人科に行ったり、やっとこさ、不妊の病院探してみるも、夫さんになかなか言えなかったり。

思い切って、婦人科に不妊相談を目的に病院に行くまでに半年以上かかった。。

夫さんと相談できない、仕事で行けない、怖くて、恥ずかしくて行けない、、1年過ぎ、2年過ぎ、過ぎた時間は戻ってこない、、

本やインターネットに情報や、健康法は載っているけど、それはそれ、読んでいても、全ての情報は夫婦の体の中にしかありません。

 

不妊治療はサイクルが長めです。

年に何回も出来ない施術もあります。

1回で高額な施術もあります。

妊活法は通院と同時進行でやりましょ!

 

私は夫さんにちょっと婦人科に行って、調べてみるわーって、ちょっと情報収集してくる!感じで通院開始しました。

 

妊活で大切だったことは、

夫さんとの情報の共有、相談、実行。2人で納得して進むこと。

少しずつ、共有して、妊活情報の土台をまずは作るのも今後の通院の中でズレが生じないために必要と思います。

まずは女性向けの妊活雑誌を机の上に置いてみたりね、笑。

 

通院の始まりは悩んでいた割には夫さんに行ってくる!の一言でさーっと始まっていったから、ある程度悩んだら、病院決めて、始めちゃえ!に尽きる。

 

私は始めて、赤ちゃんが来ないことを受け入れるのは辛かったけど、妊活や治療では、あまり辛いことが無かったのは、夫さんに後ろ向きなこと言われなかったし、夫婦で前を見れてたかなって思う。

今、養育里親についても同じ。

かといって、ケンカしなかったかっていうと、したけど、治療やめろとかにはならなかった。

話し合いの中で自分の意見ばっかり言うと、向こうも自分の意見ばっかりになる。

夫婦の気持ちの寄せ方が妊活の大切な土台だと思うよ。

 

ちょっと体のホルモンバランスとか調べてくるわー!くらいの軽いノリで、ライトに始めちゃえ。

最初から重いと持てないし、だんだん夫婦で鍛えられていくから!

 

うちには、赤ちゃん、できない、あきらめる、そこにたどり着くまで2年間について。

(^○^)オ(^▽^)ハ(^0^)よ!

 

休みの朝でも、体内時計完璧になった私。

でも、健康は一日にしてならずで、

このサイクルを作るまで、5年はかかってると思う。

昼夜逆転、不眠、仕事できない、お金ない、、

他人とコミュニケーションできない、とか、

1日では成らず、前に進まず、事態も好転しない。

だけどね、コツコツ問題をクリアしていくと、

ある程度のことはできるようになるし、

逆にどう頑張ってもできないことを認め、そこへの労力を他に回すことができるようになった。

 

そうやって、体の不調、仕事継続、人とのコミュニケーション、お金のこと、私の4大問題を全部解決まではまだ行かないと、人並みに好転することが出来たと言える。

そこへの悩みが少なくなったら、掃除洗濯衣食住が苦にならなくなった、、笑

どんだけ、悩みに時間を割いていたか、ちょっと怖い、、、ガクガク*1

 

前置きが長くなったけど、

あきらめることは、

できないと認めることは、

私にとって、容易ではなかった。

 

私たち、夫婦は比較的早く不妊に気づけたと思う。

解禁して半年できなくて、世間では、不妊のこと、ニュースになるし、知ってたから。

すぐ、病院に行って、タイミングやって、子宮造影検査やって、夫さんもすぐに調べて、互い原因が分かり、、、

詳しいことは別途として、

この時点で、体外で顕微授精で、卵子精子を刺して、お腹に戻す方法しか可能性がない状態だった。

 

この時はまだ、可能性あるんだー!って、

やるぞやるぞー!って、なってた。

前向きすぎる、笑。

今思えば、あんまり前向きすぎると後が怖いぞって言ってあげたい。。

 

方法は1番お金がかかる方法だったし、

夫さんとは15歳、歳が離れてるし、

今後の夫婦人生を考えても、

最初から、1回しかやれないねって話してた。

希望は持ってた。

そして、結果的に赤ちゃんはできなかった。

 

泣いたよねー、、

会社にも、告知してたし、協力も得てたし、

お金も無くなったし、体もボロボロだし、

がんばってきたこと、みんな消えた気分になった。

 

そんなことない!

消えてないよ!

がんばってきたこと、無駄じゃない!

今なら言える!!

結果は成功ではなかったけど、

夫婦の努力や、がんばりは、無駄じゃない!

結果から、2年経って、やっと言える。

その間、各々、私たちは経験値を積み、成長している。

何一つ、消えたりしない、がんばりや、そこへかけた思い、各々の思いが本気だったからこそ、ケンカしたり、思いやったり、お互いにがんばりをダメにしようとして、自暴自棄になったり、、、

そう、がんばりをダメにしようとするの、、

自分で自分のがんばりをダメにしようとするのを気をつけて!

 

その思いは今の選択につながっています。

どれを選択するか、焦らず、ゆっくり、

考えて、衣食住はちゃんとして、

健康に気をつけて、掃除ちゃんとして、、

 

夫さんともう1回チャレンジしようと話した時もあったし、何度も振り返って、考えて、あきらめた、

夫婦で居酒屋開きたいねって、夢もできた。

毎週末は、呑みながら、料理本見たりしてね。

私の生活費の使い方を夫さんに怒られたりしたし、

医療保険、生命保険について調べて加入したり、

色んなこと、物、断捨離もしました!この断捨離はすっきりした、、半年以上、捨て続けてた、笑

 

そんな回り道、2年くらい、

前の日記に書いたけど、

ちょっと引きこもりレベルで専念してみた。

 

容易ではなかったあきらめることを認めるということは、現在地を整理整頓、必要なものは補給、要らないものは処分、などの確認作業でほとんどがクリアできることを知りました。

ただ、私がこのお腹を使って、妊娠し、子どもを産みたいという動物的本能的な願いはかなり厄介で、きっと生理が終わるまで、チクチク思うくらいはするかも!という気持ちでいるのは許した。

 

赤ちゃん、できない、あきらめる、

わたしは2年前、こんなワードで検索をかけて、

方法を調べてました。

あんまり、検索結果、出てこなくて、虚無感を覚えた、笑

なので、私がかけたらいいなってずっと思ってた。

 

先日、養育里親の資格取得の最後の面接があって、

もう、3時間くらい、自宅に4人もきて、話をするんだけど、質問内容がステキだった。

お互いの良いところはなんですか?

夫さんが言ってくれたことは、

 

優しくて、頑張り屋さんです。って、、、

 

(*/ω\*)キャー!!

なんかこの、頑張り屋さんのところがとても響いて、あー、他者に認めてもらえた!そういう風に思ってくれていたんだ!って。

そう感じたら、最後のチクチクがホロホロとほどけて行くのを感じた。

私の、このお腹で妊娠するよりもいいことがあると、ようやく分かった瞬間だった。

言葉で伝わることの大切さよ、、、身にしみました、、、

 

2年間、紆余曲折して、養育里親目指してて、

その瞬間があっただけでも、充分なくらい、うれしかった。

 

あきらめることはむつかしい。

夫婦でいることも辛くなるときもある。

がんばれ、ちょっと引きこもるくらいに、

考えて、行動する時があってもいい。

 

赤ちゃん、できない、あきらめる、

ネガティブな思考から、現実を受け入れる、認める作業を経て、今、養育里親になろうとしている。

なんとかなるらしい、笑

なるようになる( ˘ω˘ ) スヤァ

 

この日記が悩んでる人の夜や朝の暇つぶしにでもなりますように。。(*`・ω・)ゞ

*1:(n;‘Д‘

ごろごろ、回想しながら思ったこと。

こんばんは〜(´▽`)

我が家は夜8時くらいにはお布団にもぐり、各々iPhoneをポチポチします。

コープの注文してるとすぐ眠くなるだす( ˘ω˘ ) スヤァ

 

回想してみたら、結構忘れ始めている、、

あんなに悲しかった不妊の結果、

治療苦しかったこと、とか。

 

コツコツと地に足をつけて、歩けること、ご飯食べれること、夫さんを愛すること、仕事があること、猫がやわらかいこと、今ここが安心できる場所であることに、感謝し、守ること。

それらができる自分であることが

幸せであります(`・ω・´)ゞ 

 

そう思えるようになるまで、モニョモニョと考えてる時が、非現実な未来ばっかりで、そんなことに向かって頑張れば頑張るほど辛いですよね、、、

それを知ったからこそ、今があるのも分かるんだけど、その時がわたしは長すぎたw

 

まぁ、もうね、、笑えてればいいかって、

感じで、

 

辛さ、妬みさん達を、

ひとつひとつ、あきらめるために、

よしよし(..、)ヾ(^^ )ヨシヨシってしてあげた。

ごめんねごめんね、、

私の夢、、夫と叶えたかった夢、、

赤ちゃん欲しかった、産んでみたかった、

具現化してあげられなくてごめんねって、

本当にひとつひとつ(..、)ヾ(^^ )ヨシヨシ、、、

 

しかし、止まらない黒い感情、

腹の底から煮えくり返る怒り、

しかも自分に向けていたから、

冷めないし、もー、しんどい。

 

これはある程度、

時間と、何をどう考えるか、 

とにかく、あらゆることを考えてた。

ひたすら、己との格闘だし、

そんな状態の自分が他者とトラブルを起こさないわけが無いし、

もう、仕事も夫婦も人間関係も、ボロボロ。

今思えば、これが1番辛かった。。。

 

わかりやすいところ、子ども見ると辛いとかね、、

なんでそんなことを思うんだと、

また責めるから、

ある程度、心の中で不貞腐れるのを許した。

人とも離れてみた。

SNSも投稿せず、いいねもしない。

 

夫さんだけは、務めて優しく、

できる限りの愛で包み続けた、

わたしがつらいときは、夫さんもつらい。

わたしが楽しいときは夫さんも楽しい。

そういうことに気づかせてもらえた。

夫婦で、同志だからな。

 

思いやりが大切。

親しき仲にも礼儀あり。

 

そんなこんなしてたら、這いずりあがって、

これからのことを考えられる気力が出て、

他者と関わりがまた少しずつできるようになって、

(もうLINEとか、ほんと、嫌になってた)

ほんと、少しずつなんですよ、、

無理して、遊んだり、しない。

整理がつくまで、気持ちなり、

今後なり、断捨離なり、

人生で、

こんなにも自分のことだけ考えた、

ケアしたことがないくらい、

ひたすら、

自分と周りの環境、仕事、衣食住、

整え続ける。

ひたすらに、ひたすらに。

 

そうやって、そんなことの出口が見えてきた、

現在に至るわけで。 

私はコマ、ここに体験をまとめていこうと思います!

はじめまして、コマと申します。

このページを読んでいるということは、

悩んで、答えを探して、検索をかけて、

調べておられる、頑張り屋さん。

夜もふと調べ始めて眠れない人。

私もですよ、、、

ホント、検索しえども、答えは無くとも、、、

しかし!!他者の考え方、経験で、知らない道を教えてもらえることもある!

 

現在、養育里親の資格取得を目指しています。

 

そういったブログを読ませて頂いていて、ほっこりしたり、悩んだり、、

わたしも、この日記がお役にたてばと思い、作ってみました。

 

過去を回想しながら、まとめていこうと行きたいと思います。

よろしくお願いします!