読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマさん、始めます! ~不妊から養育里親へ向けて~

私、コマが不妊から養育里親へ向けての体験です。この日記が誰かの役にたちますように(´▽`)

うちには、赤ちゃん、できない、あきらめる、そこにたどり着くまで2年間について。

(^○^)オ(^▽^)ハ(^0^)よ!

 

休みの朝でも、体内時計完璧になった私。

でも、健康は一日にしてならずで、

このサイクルを作るまで、5年はかかってると思う。

昼夜逆転、不眠、仕事できない、お金ない、、

他人とコミュニケーションできない、とか、

1日では成らず、前に進まず、事態も好転しない。

だけどね、コツコツ問題をクリアしていくと、

ある程度のことはできるようになるし、

逆にどう頑張ってもできないことを認め、そこへの労力を他に回すことができるようになった。

 

そうやって、体の不調、仕事継続、人とのコミュニケーション、お金のこと、私の4大問題を全部解決まではまだ行かないと、人並みに好転することが出来たと言える。

そこへの悩みが少なくなったら、掃除洗濯衣食住が苦にならなくなった、、笑

どんだけ、悩みに時間を割いていたか、ちょっと怖い、、、ガクガク*1

 

前置きが長くなったけど、

あきらめることは、

できないと認めることは、

私にとって、容易ではなかった。

 

私たち、夫婦は比較的早く不妊に気づけたと思う。

解禁して半年できなくて、世間では、不妊のこと、ニュースになるし、知ってたから。

すぐ、病院に行って、タイミングやって、子宮造影検査やって、夫さんもすぐに調べて、互い原因が分かり、、、

詳しいことは別途として、

この時点で、体外で顕微授精で、卵子精子を刺して、お腹に戻す方法しか可能性がない状態だった。

 

この時はまだ、可能性あるんだー!って、

やるぞやるぞー!って、なってた。

前向きすぎる、笑。

今思えば、あんまり前向きすぎると後が怖いぞって言ってあげたい。。

 

方法は1番お金がかかる方法だったし、

夫さんとは15歳、歳が離れてるし、

今後の夫婦人生を考えても、

最初から、1回しかやれないねって話してた。

希望は持ってた。

そして、結果的に赤ちゃんはできなかった。

 

泣いたよねー、、

会社にも、告知してたし、協力も得てたし、

お金も無くなったし、体もボロボロだし、

がんばってきたこと、みんな消えた気分になった。

 

そんなことない!

消えてないよ!

がんばってきたこと、無駄じゃない!

今なら言える!!

結果は成功ではなかったけど、

夫婦の努力や、がんばりは、無駄じゃない!

結果から、2年経って、やっと言える。

その間、各々、私たちは経験値を積み、成長している。

何一つ、消えたりしない、がんばりや、そこへかけた思い、各々の思いが本気だったからこそ、ケンカしたり、思いやったり、お互いにがんばりをダメにしようとして、自暴自棄になったり、、、

そう、がんばりをダメにしようとするの、、

自分で自分のがんばりをダメにしようとするのを気をつけて!

 

その思いは今の選択につながっています。

どれを選択するか、焦らず、ゆっくり、

考えて、衣食住はちゃんとして、

健康に気をつけて、掃除ちゃんとして、、

 

夫さんともう1回チャレンジしようと話した時もあったし、何度も振り返って、考えて、あきらめた、

夫婦で居酒屋開きたいねって、夢もできた。

毎週末は、呑みながら、料理本見たりしてね。

私の生活費の使い方を夫さんに怒られたりしたし、

医療保険、生命保険について調べて加入したり、

色んなこと、物、断捨離もしました!この断捨離はすっきりした、、半年以上、捨て続けてた、笑

 

そんな回り道、2年くらい、

前の日記に書いたけど、

ちょっと引きこもりレベルで専念してみた。

 

容易ではなかったあきらめることを認めるということは、現在地を整理整頓、必要なものは補給、要らないものは処分、などの確認作業でほとんどがクリアできることを知りました。

ただ、私がこのお腹を使って、妊娠し、子どもを産みたいという動物的本能的な願いはかなり厄介で、きっと生理が終わるまで、チクチク思うくらいはするかも!という気持ちでいるのは許した。

 

赤ちゃん、できない、あきらめる、

わたしは2年前、こんなワードで検索をかけて、

方法を調べてました。

あんまり、検索結果、出てこなくて、虚無感を覚えた、笑

なので、私がかけたらいいなってずっと思ってた。

 

先日、養育里親の資格取得の最後の面接があって、

もう、3時間くらい、自宅に4人もきて、話をするんだけど、質問内容がステキだった。

お互いの良いところはなんですか?

夫さんが言ってくれたことは、

 

優しくて、頑張り屋さんです。って、、、

 

(*/ω\*)キャー!!

なんかこの、頑張り屋さんのところがとても響いて、あー、他者に認めてもらえた!そういう風に思ってくれていたんだ!って。

そう感じたら、最後のチクチクがホロホロとほどけて行くのを感じた。

私の、このお腹で妊娠するよりもいいことがあると、ようやく分かった瞬間だった。

言葉で伝わることの大切さよ、、、身にしみました、、、

 

2年間、紆余曲折して、養育里親目指してて、

その瞬間があっただけでも、充分なくらい、うれしかった。

 

あきらめることはむつかしい。

夫婦でいることも辛くなるときもある。

がんばれ、ちょっと引きこもるくらいに、

考えて、行動する時があってもいい。

 

赤ちゃん、できない、あきらめる、

ネガティブな思考から、現実を受け入れる、認める作業を経て、今、養育里親になろうとしている。

なんとかなるらしい、笑

なるようになる( ˘ω˘ ) スヤァ

 

この日記が悩んでる人の夜や朝の暇つぶしにでもなりますように。。(*`・ω・)ゞ

*1:(n;‘Д‘